LPの作り方

WordPressでランディングページを作る方法【初心者でもOK】

質問者

WordPressを使ってランディングページを作りたいのですが、何かおすすめの方法はありますか?

WordPressで作られたWebサイトは今や全世界のサイトの40%を占めると言われており、ランディングページを作る人も増えています。

ただ、ランディングページを作るとなると、

「専門のスキルが必要で初心者には無理」

と思われることも多く、なんとなく敬遠してしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、WordPressのテーマやプラグインを使えば、初心者でも短時間でランディングページを作ることができます。

もちろんHTML&CSSといった専門知識も必要ないですし、見たままの直感的な操作でランディングページを作ることができます。

今回の記事ではWordPressでランディングページを作るのに便利なテーマ、及びプラグインを紹介します。

この記事でわかること
  • WordPressでランディングページを作る方法
  • ランディングページ用のWordPressテーマ、及びプラグイン

WordPressでランディングページを作る方法

WordPressでランディングページを作る方法は大きく分けて2つ。

WordPressでランディングページを作る方法
  1. WordPressテーマを利用して作る
  2. WordPressプラグインを利用して作る

WordPressテーマを使うと、インストールするだけで簡単にページ全体のデザインを変更することができます。

実はこのWordPressテーマの中には「LP専用テーマ」というものがあり、簡単な操作でプロ並みのランディングページが作れます。

また、WordPressにはプラグインの呼ばれる拡張機能がありますが、この種類の中にも「LP専用プラグイン」たるものが開発されています。

こちらもプラグインをインストールするだけで、簡単な操作でデザインの綺麗なランディングページが出来上がります。

Mino

それぞれ人気のあるWordPressテーマ、WordPressプラグインを紹介します!

ランディングページ専用WordPressテーマ

今回紹介するランディングページ専用WordPressテーマは以下の2つ。

LP専用WordPressテーマ
  1. Colorful(カラフル)
  2. OOPS!(ウープス)

1. Colorful(カラフル)

価格8,760円
対象初心者
特徴・販売本数1万本突破のベストセラー
・パズル感覚で高品質なLPが作成可能
・レイアウトは自由自在に変更できデザインの種類は無限
・リニューアルされおしゃれさが一気にアップ

LP専用テーマならColorful(カラフル)」といっても過言ではないほどの知名度と人気があります。

  • メルマガ登録
  • セールスレター
  • セミナー集客
  • サービス案内

といったあらゆる目的にも対応しているので、作れない種類のランディングページはありません。

個人的なおすすめポイントは最近リニューアルされてデザインがさらに格好良くなったこと。

以前のバージョンでは少し古臭さが残るデザインだったのですが、一気にモダンなデザインになり、おしゃれさが圧倒的にアップしました。

発売されてもう6年経ちますが、未だに売れ続けていいます。

Colorful(カラフル)の公式ページを見る

2. OOPS!(ウープス)

価格19,800円
対象中級者
特徴・テーマ販売で有名なTCDが手がける専用テーマ
・最高レベルでおしゃれ且つ高品質なデザイン
・インプレッション、クリック数、クリック率計測機能あり
・テンプレートに従うだけで成約率の高いページが作成可能

数々の名作WordPressテーマを作ってきたTCDが自信を持って開発したランディングページ専用テーマ。特徴はなんといってもそのデザイン。

デモページを見ればわかりますが、スライダーを使ったインパクトのあるファーストビューや、高級感を感じさせるフォントのチョイスなど「さすが」と思わされる要素がたくさん。

インプレッション数やクリック率を計測できる機能もあり、商品やサービスを販売する上で役立つ機能が標準装備されているのはありがたいです。

ただ、全くの初心者がこのテーマを使おうとすると少し難しい可能性があるので、対象は「中級者」としました。

OOPS!の公式ページを見る

Mino

WordPressのテーマをインストールする方法は以下の記事で紹介しています。

WordPressのテーマをインストール・削除する方法【画像あり】今回の記事ではWordPressのテーマをインストール、及び削除する方法を画像付きで解説します。 また、「ボタンが表示されない」「エラーが表示される」などテーマがインストールでいない場合の原因と対処法も紹介します。 WordPreのテーマを扱いたい方は必見です。...

ランディングページ専用WordPressプラグイン

紹介するランディングページ専用のプラグインは以下の2つ。

LP専用WordPressテーマ
  1. Danganページビルダー
  2. Elementor Page Builder

テーマと比べてプラグインの良いところは、テーマの変更をしなくても既存のテーマと併用して使用できること。

要するに作成ずみのトップページや記事に影響を一切与えることなく、ランディングページを作る機能だけを追加できます。

テーマを利用する場合はランディングページ専用のWordPressを別でインストールするか、テーマを複数併用して使うためのプラグインが必要です。

1. Danganページビルダー

価格12,800円
対象初心者
特徴・ランディングページ作成に特化した国産プラグイン
・日本語Webフォント(Googleフォント)の利用が可能
・ポップアップ表示、カウントダウン機能の実装が簡単
・知識があれば細かな部分をカスタマイズ可能

私が知る限り、おそらく日本初のランディングページ専用プラグイン。

Web製作者である私も実際に使っていますが、

  1. パーツを選択する
  2. 文章を入力する

の2ステップでどんどん要素を追加していくだけで、簡単に綺麗なランディングページを作ることができます。

ポップアップ表示やカウントダウン機能など、実装するとなるとJavascriptの知識が必要ですが、Danganならパーツを選択するだけで実装できます。

HTMLやCSSの知識が多少なりともある人は細かな部分もカスタマイズできるので満足度も高いです。

公式ページもDanganページビルダーを使って制作されているので、一度見れば雰囲気が伝わるかと思います。

Danganページビルダーの公式ページを見る

2. Elementor Page Builder

価格基本無料 (Proは有料)
対象中級者
特徴・ドラッグ&ドロップで簡単にページが作成可能
・カラムを最大6個に分けるなどレイアウトも豊富
・デザイン性の高い綺麗なページが作成可能
・無料で利用可

海外で広く使われているWordPress専用のプラグイン。

厳密にいえばランディングページ専用ではありませんが、カラムは1〜6まで自由に変更できるため、ランディングページも作成できます。

無料版でも機能は十分なので有料版に切り替える必要もないと思います。

ただし、WordPressをある程度使い慣れている人でなければ、操作方法を覚えるのに最初は苦労するはず。

ですので、全くの初心者の場合は上記で紹介したテーマ、もしくはDanganページビルダーのプラグインを利用する方が良いです。

Elementor Page Builderの公式ページを見る

Mino

プラグインをインストールする方法か以下の記事で解説しています。

WordPressでプラグインを追加・削除する方法【画像あり】今回の記事ではWordPressのプラグインを追加、及び削除する方法をわかりやすい画像付きで解説します。 また、プラグインの「新規追加」ボタンがそもそも表示されない場合の対処法についても解説します。...

WordPressが簡単にインストールできるサーバー

もしあなたがまだ「WordPressをインストールしていない」のであればちゃちゃっとっとインストールしてしまいましょう。

一般的に少し難しそうと思われているWordPressのインストールですが、実はサーバー選びを間違えなければ想像以上に簡単です。

インストールの手順も今はどんどん簡略化されており、基本的に数クリックでWordPressはインストールできてしまいます。

WordPressにおすすめのサーバーは以下の記事で紹介しています。

ランディングページ用おすすめのサーバー【重要なポイントは3つ】「ランディングページを作るのに便利なサーバーはないかな」とお悩みではありませんか? 今回の記事ではサーバーの安定性と実績が自慢のおすすめのサーバーを紹介します。 サーバーを探している方は必見です。...

WordPressでランディングページを作るのは難しいことではない

すでに世の中に出回っているものを上手に活用すれば、ランディングページを作るのはそれほど難しいことではありません。

一昔前まではWeb制作会社に20〜30万円支払って作るか、自分で知識をつけるしかありませんでした。

ただ、今はそんなにお金や時間をかけなくてもアイデア次第で安く作ることができるということが理解いただけたと思います。

「選択肢を色々見たけどやっぱり迷うな」という人は、価格や操作性から見て「Colorful(カラフル)」から使い始めるのが良いと思います。

人気や実績の通り使いやすさは抜群です。

Mino

ビジネスはスピードが命です!あなたもこの記事を読んだら、早速ランディングページを作ってみてください